販促・集客のヒントTOP > ノベルティ品、販促グッズ活用アイデア

ノベルティ品、販促グッズ活用アイデア

企業が展示会などで自社や自社の製品のアピール、宣伝、お客様への感謝をこめて景品をプレゼントすることがあります。また、展示会などでは、ノベルティ品や販促グッズと交換に来場者の名刺を収集することもできます。未来のビジネス拡張に直結する人脈づくりの方法としても、ノベルティ品は有効です。各種アンケートの回答への謝礼代わりに進呈するのひとつです。手渡しなら、そのタイミングがコミュニケーションのきっかけになるように、お客様との潤滑油としての機能を果たす場合もあります。
総付け景品はギブアウェイ、インセンティブギフト、GWP(=Gift with Purchaseの略)とも呼ばれています。企業名や宣伝したい製品やサービス名を入れて、お客様にお渡しする事が多く、これはいつでもお客様に使っていただける小物を差し上げる事によって、会社や製品をおぼえていただきい、という企業側の願いがこめられています。そのため、いつでもお客様が使用なさるようなもので、よく目に付く物である事がアイテムを選ぶポイントです。とても役に立つ、そしていつでも目に触れて企業名や製品名、サービス名を忘れないでいて貰えるような素敵なノベルティグッズをお客様にお渡ししたい物ですね。 ノベルティ品や販促グッズは原則として非売品で、市場には流通しないものですが、コレクターの間ではレアアイテムとして話題になりうる場合があります。販売促進という目的には合致しませんが、ノベルティが話題作りやブランディングに有効であることを証明する好例と言えます。

関連トピック


  • ノベルティ品、販促グッズの効果的な活用方法
    まずは目的を明確にしましょう。集客や販売促進が目的なら、ターゲットとなる客様が… 詳しくはこちら
  • ノベルティ品を作る時のハードルは?
    ノベルティ品、販促グッズ、さらにいわゆる総付け景品は販売促進や集客活動を目的とした… 詳しくはこちら