販促・集客のヒントTOP > ビジネス効果と実用性を兼ね備えたトートバッグ

ビジネス効果と実用性を兼ね備えたトートバッグ

ノベルティ品、販促グッズ、さらにいわゆる総付け景品の中でも、トートバッグは実用性と販促効果を兼ね備えており高い人気を誇っています。トートバッグはノベルティグッズに必要な条件を有する優秀な広告塔です。好きなようにデザインすることができるトートバッグは、利用者の使い勝手が良く、社名や会社ロゴの情報発信をするなどの販促効果を発揮し、双方に価値のあるアイテムと言えるでしょう。

実用性は成功するノベルティ品や販促グッズの重要なチェックポイントです。さらに、「今すぐ、その場で使える」という点も重要な成功要素です。ボールペンやクリアファイルなども実用性と言う点では人気ですが、トートバッグは「その場ですぐに使えて役立つ」という点で、他のアイテムにはない優位性を持っています。 ノベルティ品、販促グッズとしてのトートバッグは、セミナーやイベント会場などで来場者に配布される場合が多いものです。もともとは、集まったチラシやカタログを入れて持ち帰るためにサービスの意味で配布され始めたものですが、便利なので受け取る人が多く、広告媒体として有効であることが注目され、ノベルティグッズ、販促グッズとしての地位を築いたのです。
イベント会場などではブースを回るとたくさんのチラシやパンフレット類が集まります。それらを持ったまま移動すると、片手がふさがって不自由なだけでなく、うっかり床に落として散らばるなどの残念なトラブルも会場ではよく目にするものです。また、初対面の人と名刺交換をしたり、メモを取ることも多い展示会場では、A4サイズ程度の書類を折らずにサッとしまえるトートバッグはとても重宝するものです。たくさんの書類が余裕で入るトートバッグは、来場者にとって便利なだけではなく、訴求力も抜群なので、来場者がバッグを持って会場を歩き回ることがそのまま宣伝になるというメリットをもたらします。

紙や不織布など、様々な素材のトートバッグが存在しますが、一番人気はコットン素材。理由はズバリ耐久性です。繰り返し使用してもらえることから、広告媒体としても刷り込み効果が抜群な点が最大の強みです。社名やロゴ、商品名、キャラクターなどをプリントしたトートバッグは、そのものが宣伝用ポスターとして機能します。また、コットン素材のトートバッグなら耐久性に優れているので、展示会やイベントが終了してもバッグとしての基本機能は変わらず、そのまま長く使用される可能性も高く、宣伝媒体としての寿命が長いと言えるのです。

コットン素材のトートバッグは、企業イメージを伝えるのにも一躍担います。柔らかなイメージをアピールしたい場合にはナチュラルコットンを、しっかりと真面目なイメージであれば厚手のキャンパスバッグで、と言ったように素材を選ぶことができます。また、ノベルティグッズとしてのトートバックは企業イメージの改善、向上に役立ちます。コットン素材のエコバッグとして配布することで、環境に配慮した企業であることをアピールできます。あなたの会社やお店のロゴが入ったトートバッグでお客様が買い物に出かける様子を想像してみましょう。周囲の人々にエコと言うイメージを与えますよね。

関連トピック


  • ノベルティグッズの王道であるボールペン
    誰でも名入れボールペンやロゴ入りボールペンをもらったことがあるでしょう。つまりそれ程… 詳しくはこちら
  • ノベルティ品としてTシャツを活用するメリット
    記念品や販促グッズにもいろいろある中、ボールペンなどは実用的ですが失くしやすい… 詳しくはこちら