販促・集客のヒントTOP > ユニフォーム・制服選びの4つのポイント

ユニフォーム・制服選びの4つのポイント

この世の中には、ユニフォーム・制服を着用する職業が数多くあります。病院の白衣はもちろんのこと、飲食店、レストラン、カフェ、一般事務用、特殊なところではキャビンアテンダントなども該当します。昨今では、エステサロン、デイケア、肩もみサービス、リラクゼーション、マッサージなども普及してきており、ユニフォーム選びが大切になりつつあります。ユニフォームや制服は予想以上にあなたのビジネスの印象を左右します。適当に選んだ制服で知らぬ間にお客さんに不快感を与えていた……なんてことがあってはなりません。では、結局、ユニフォームの選び方はどうしたらいいのでしょうか?すべての業種に共通して言えることは、デザイン、機能性、清潔感、そしてお店のイメージにあったオリジナリティを表現することがポイントです。

【デザイン】
ユニフォームは店舗の内装やインテリアなどと同様に、店舗全体の雰囲気を作り出す重要な要素のひとつ。新規オープンする間際になって、急いでユニフォームや制服を選んだり、コストを抑えようと安っぽいものを選ぶのは失敗のもと。お客様は無意識に従業員の装いに敏感です。
店舗の雰囲気やコンセプトがあれば、インテリア、照明、食器、ディスプレーなどを検討するものですが、ユニフォームや制服選びも同じです。店内の壁の色や照明などと合うように色やスタイルを考えたりします。たとえば、リラックス感を与えるリラクゼーションなら、壁の色をソフトな印象のクリーム色にしたりユニフォームも同系色、または対照的なグリーン系の色を選ぶなど工夫するポイントがいくつかあります。または、スポーツショップやジムなどでは、ビビッドなブルーにシャープなスタイルのポロシャツを選ぶなど工夫するポイントはたくさんあります。気を付けたいのは、ポケットや名札を付ける場所などの機能的な側面を見落とさないことです。
【機能性】
たとえば、レストランやカフェのスタッフなら伝票やボールペンを入れるため頻繁に制服のポケットを使います。そのため、ポケットの位置や大きさも重要なポイントになってきます。たとえば、伝票と制服のポケットのサイズがあわずに入らないなんてことになってしまったら、どちらかを買い替えるしかなくなるため、無駄なコストが発生します。ドライ生地、動きやすい伸縮加工、さらにはっ水加工などの機能も、さまざまな業種の特徴にあわせて検討するポイントです。たとえば、忙しく動き回るデイケアのスタッフなら、汗をかいても心配のいらないドライタイプのポロシャツがお薦めです。
また、買い替えを避け、コストを抑えるためにも、生地の丈夫さや縫製の丁寧さなども大切で、可能であればサンプルを1点作成して、品質の確認ができれば安心です。この点でビスタプリントの姉妹サイトであるノベルティ & ウェアは理想的です。ノベルティ & ウェアでは、オリジナルのエプロン、ポロシャツ、そしてTシャツをたった1枚から気軽にお試し感覚で作成していただくことが可能です。ですので、「品質確認のために、1枚だけ試しに作ってみよう」と言うことができ、その上で品質に満足したら大量注文ができるのです。ノベルティ & ウェアなら、ノベルティや販促グッズを作る際のハードルを感じなくてすみます。
【清潔感】
業種にかかわらず、ユニフォームや制服は、清潔感があることが絶対です。どれだけおいしい料理を提供するレストランがあったとしても、清潔感がなければ二度と行きたくない、と誰しも思うものでしょう。ですから、清潔に保つこともユニフォームや制服を選ぶ際のポイントです。
洗濯の頻度は高くなるでしょうから、アイロンがけの手間を省ける形状安定素材は検討の価値ありです。こまめな洗濯を考慮すると、綿とポリエステル混合素材などを使用したユニフォームや制服を選べば、シワも入りにくく、扱いやすいでしょう。
【オリジナリティ】
スタッフウェアを作成することで、あなたのスタッフが歩く広告塔として働いてくれるわけですので、オリジナリティは大切です。店舗や会社のロゴマークを入れる、フォントを凝って店舗名や社名を入れる、さまざまなアイデアをあなたのお店やビジネスのコンセプトにあわせて作成してみましょう。たとえばお客様が主婦なら、可愛らしいフェミニンな印象のデザインがいいかもしれません。また、知名度アップを目的とするなら、ロゴマークを大きめにあしらったシンプルなデザインはいかがでしょうか。
うまいアイデアが浮かばない、ロゴマークもない、と言う場合でもご安心ください。ノベルティ & ウェアなら、無料で使える「画像ライブラリ」があります。このライブラリからお好みのロゴや画像を選択してご利用いただくことが可能ですので、「これがいい!」」と言うものがあれば、すぐにデザインを完成することができます。各製品の編集ページから、画像の挿入⇒画像ライブラリ⇒お好みのものを選択して画像挿入の完了です。